2006年05月29日

国会議員数の論理で大暴れか―民主党編

 

大躍進の影で田中知事に助けてもらった恩を忘れるな

先日の党首討論をご覧になった方もいると思いますが、 民主党党首となった小沢氏と小泉自民党党首の余りの隔たりにはやく政権交代してもらいたいと感じられたのではないでしょうか。 (その後ろでは次期首相候補安倍はん40分間ずっと居眠り!)質問にまともに答えられない・・・、 こんな人がこんな党がどんどん物事を決めているのです。アメリカの言うなりに貢ぎ、もはや国民の財は差し押さえられ、 借金のみがうずたかく積み上げられた。党首が代わって、羽田さんの影が薄くなったことに少々ほっとする。    

今民主党がすることは、はっきりと自民党と袂を分かち、独自性をあきらかにすることではないだろうか。 それにしてもお粗末、小沢氏は「自民党との相乗りはだめ!体力をつけるために独自候補をたてよ!」とまで言われているのに。 「連合」なんていう組織をばかにしていても「票」のためにゴマをすらなければならない悲劇。さらに自民党!「票」 のために己の妻を某宗教に入信させるような国会議員がいて、やっと大臣となったと思えば、はたしてやってくれました。 日本の教育を、哲学なき浅はかなその思考集団のもとで「改造・改悪」する。こんな党とどうして手を組むことなど出来ましょう。 一族が支配する地元マスコミも偏向報道花盛り。どうか冷静に判断をと祈らずにはおれない。 私たちは知らないうちに麻痺させられてしまったのでしょうか。テレビに映る軽薄事件、お手軽お食事バラエティー。 深く思考する習慣をどこかに置き忘れてきてしまったのでしょうか。

世界の嘆きを、国民の嘆きを、隣人の嘆きを他人事のように素通りしてしまう冷徹な人間・ 国民に成り下がってしまったのでしょうか。田中知事のもとで目を覚ましてほしい。不況は知事のせいか? 儲からないのは知事のせいか?不正を野ざらしに放任してきた結果ではなかろうか?  田中知事が国政にも新党日本を立ち上げて関与をはじめたのは「どんなに知事会で決定しても次に進めない」 というジレンマがあったからです。 いま、国会議員を差し向けることが出来、意見を言うことが出来、 答えをきちんともらうことができるようになりました。また、国が知事のアイデアをとりあげるようになったのです。「談合」 などいままで取り上げられたことがあったでしょうか。巨額の税金が垂れ流されている事実が新聞紙上を賑わしています。 地方と国は同時に変わらなければなりません。急を要するのです。安閑としていられないほど緊迫していることに気づいてください。 新人などにまかせる時間はもうないのです。

愚かな自民党の同じ轍を踏まない事を、民主党議員に要請します。

襟を正してこの混迷の時代を田中知事と共に歩んで欲しいと切に望む者です。

そして、県民の皆さん、女性の皆さん、偏った社会を正すのも私たちの役目です。

苦しいけれど心眼をしっかり見開いて、曇らされてしまった思考を正してください。

 

posted by さよちゃん at 14:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

国会議員 数の論理で大暴れか―自民党編

 

県民のみならず、 国民全体の幸せを考えることのできる田中知事の揚げ足取りに忙しい

北信における珍論―「国が補助金くれるというものまで要らないというからやりずらい」

やりずらい=分け前の分配ができない、先生として「いいかっこしい」ができない・・・

いままでそれでこけたのに「反省」 がまったくない。この人は県民の背負わされた借金のことがわからないらしい。

) 木製ガードレールなぜ反対させている?補助金で森林整備できるのに。経費が3倍もかかるというが、鉄骨はもう限界なのですよ。 中国が鉄屑買いあさりヨーロッパで加工業が軒並み閉鎖に追いやられている時代です。これからますます高騰するでしょう。 それにしてもアメリカの言うなりに3兆円ポンとだすこの国はいったいなんでしょう。 インド洋では日本の艦隊が無料ガソリンスタンド開業中。アメリカ兵一人に年間1300万円のおもいやり。自国の老人子供を犠牲にして・・・。 小泉に振り回されて、議員としてあなたはあやつり人形か?県民を振り回す前に、振り回されない哲学のある国会議員になりなさい。 県政に口出しなどまさに「おじょこ」じゃ!!

浅川ダムなぜ造りたい?― 河川の氾濫は国の治山の失敗が原因そして治水対策の怠慢

戦後、「補助金」で雑木から松・ スギ植林を奨励。腐葉土は見る見るなくなり、山の保水能力がドンドン低下。大雨の度に山の土砂は河川を下り、いつの間にか天井川に。さて 「治山」がおそまつなら「治水」もおそまつ。千曲川のみならずどこでも明治のはじめまでは、「河さらい」は年間行事であった。しっかりした 「浚渫―しゅんせつ」を怠りなくやっていたのである。その浚渫にお金を出さなくなった。鉄やコンクリートを使うことにのみ出る補助金。 もはや、洪水は天災にあらず、国による「人災」を作り出しているのである。さてこれを読むあなたは「災害で儲ける」か「予防で儲ける」 かどちらかを選べといわれたらどちらを選びますか。もちろん後者でしょう。残念ながら「浅川ダム構想」は前者なのです。 土建屋さんのプロがみても「あんなところにダムなんて」というしろものなのです。土質がいわば「砂丘の砂」のように保水に耐えられません。 決壊して次の作業が楽しみかと勘ぐりたくなります。内水氾濫=これには「浅川」とは別に考えなくてはなりません。 例えダムをつくっても低地の水はなくなりません。ダムほしい某県議は「あの出水を止めなければ新幹線がこない」 とのたまっているがダムなどつくっても止らないのだ。

一つアイデアがあります。千曲川の浚渫土砂を氾濫地帯に埋め立てをする。浚渫にも、埋め立てにも堂々国の税金を投入してもらう。 それには、アメリカばかりを見ている政権が交代し、悪しき制度・法律を改定して「真に国民のための政治」を実現させることです。       こんなろくでもないことに県税を使うことはありません。国に浚渫をまずやらせる!

県は超然としていてほしい。 愚かな議員にも国政にも従うことはありません。私たちは応援します!

 

posted by さよちゃん at 14:23| 県政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

誰が望む旧態県政

 

自民も民主も県議会も団子になって談合候補擁立か―

田中知事の近著に、羽田孜氏が首相を務めていたころからのバトルが掲載されていた。こんなに早くから、鋭い臭覚をもって政界の 「疑惑」を追及していたことに驚く。本人はいたって淡白に「ムキにかみついてくるともっと奥に何かあるのか勘ぐりたくなる」と。羽田氏は、 あの最短(僅か4ヶ月)在任中に 「タイ米30万トン通年契約」と言うとんでもない約束をした日本農業破壊者であり、多くの東南アジアの人々の飢えを加速させた。 圧巻は16千億もの借金を県民に背負わせた「冬季オリンピック誘致奨励者」。 あんな短い間によくぞやってくださいました。底辺にいる人々への思いやりの心が欠けた、政治家としてあまりに鈍感な人だったのでしょうか。 札束でほっぺたをひっぱたく外交のみならず、札束で国民を結果として欺いてしまった。取り返しはつかない。さあ、まだ続けるのでしょうか? そうです。目の上のたんこぶ「田中康夫」を何としてでも引き摺り下ろしたいところ。でも県民はバカではありません。

羽田孜という人のレベルは、もう「納得」しません。上か下かの問題ではなく、「良心が痛む」施策はもう沢山なのです。 氏がやるべきことは「過去の過ちを繰り返さないこと。身の丈以上の事を慎むこと」なのです。「国の立場で失敗した人の自覚」 をしっかり持ってほしい。いつまでも民主党の頭に立って醜態を晒すのではなく早々に後進に道を譲るべきです。田中知事になって、 すっかりあきらめていた「世直し」ができるのだという希望が持てるようになった。

希望」この忘れてしまいそうな人としての基本的な感慨を、知事は県民にもたらした。 安っぽい高名心など少しも持ち合わせてなどいない。県民を利権のおぞましい坩堝から救い出そうとしている。もう誰にもこの「希望の火」 を消させはしない。そして、私たち長野県民は二度と同じ過ちは繰り返さない。

田中知事が国に先駆けてやってきたすばらしいこと。

.脱ダム宣言―欧米では日本の川は 「滝」だという。土石流ですぐに埋まってしまうようなそんなところにダムなんてとんでもないと。浜辺がなくなり、 国土が削られていく事実をどうする?2.知事のアイデア「木製ガードレール」他県はどんどん実施。 国が出す補助金で森林整備ができるというのに。3.都会と同じ学校給食に抗議を込めて我が子三人「弁当持参」 がなつかしい。あっという間に「地場産導入」の離れ業、知事の手腕が冴えます。

まだまだ報道さえされないことが沢山あります。あなたはどれくらい数えられますか?

さあ知事、出馬の準備をしてください。 万端整えてお迎えいたします。

 

posted by さよちゃん at 14:20| 県政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。