2005年11月18日

身土不二そして温故知新

 

商家に嫁いで、お金はいらないからお百姓をさせてくれと家人に頼んで、米・味噌・醤油・野菜の自給をはじめて、 あっという間に三十余年にならんとしています。さらに、 土に触れる生き方がどんなに大事であったかと言うことに気づかせて貰った三十余年でありました。私の子育ての時代は、高度成長真っ盛り、 そして、食品添加物、合成洗剤、化粧品の害、化学肥料・農薬、あってはならないアメリカスリーマイル島及びソ連チェルノブイリの原発事故等、 さまざまな化学汚染に取り巻かれていた。

幸い身近な先輩方に問題意識を持った方々が居り、一緒に勉強する機会を得たことは幸いであった。また、子育て中の母親が集まって 『子供の未来を考える親の会』を作り、さらに勉強会を重ねた。西洋栄養学もおかしいと気づき、肉食偏重を改め、「健康は台所から」 をモットーに食生活に注意を払う。その当時は、学校給食にも疑問を持ち、七年も腐らないメリケン粉でつくられるパン食を拒否、また『特選米』 なるものが、古古米、古古古米のブレンドということに驚き、『次代を担う子供たちが犠牲になる』ことに抗議を込めて、 体質改善という名目で給食費を払いつつ、三人の子は弁当持参。近年「食育」が叫ばれ、地物野菜が供されると言う話を耳にし、感慨を覚えます。 体は食べ物で作られるのです。日本人は、欧米人と違い腸は気候・風土=「穀・采食」に合わせて、長いのです。 大腸ガンが多く発生している現在よくよく考えて欲しいことです。

原発事故の年、私は『身土研究所』を立ち上げました。身と土は二つに不あらず=土が健康ならばそこに出来る作物は健康であり、 それを食す人は健康である=作物は土が変化した物である=母なる大地から作物と言うお乳を頂いているのである、 土の変化したのが私たち―『土から離れてはいけない』と本能的に実感。化学肥料を減らし、農薬も減らす、あるいはそれに代わる資材の提供、 と奔走しました。

なかなか理解がされなく、十年が瞬く間に過ぎました。何度も挫折、赤字続きで出支も多く、仕事とすることは出来ませんでした。 いつか、当たり前に受け入れられる日が来ると、わずかに農家数軒との繋がりに限り、後はひたすら田畑に専念しました。一時、 飯山で周りの制止も聞かず、たった一人で2町歩(2ha)近くを耕し、小麦、そば、あわ等に挑戦したこともありました。 いずれにしても、豊かな日本の大地が傷つき,一方では命を育むはずの農作物が経済ベースに乗せられ、安い輸入品に押され、 耕す主人もなく放置されてしまった農地が不憫でならなかったのです。これでいいのか、日本はどうなってしまったのか、 ただただつらく切ない日々を過ごしました。今少しずつですが、若者のみならず、 一般の人たちの中でも共同で作物を作ろうと言う機運が出てきたことはうれしい限りです。ぜひ、昔は当たり前だった、 小麦作りにも挑戦していただきたく思います。また、食生活の基本になる味噌・醤油も自前で作りましょう。

さて、「自然回帰ミネラル農法」と名づけた栽培法、細々と続けていた農家からの報告があります。 果樹栽培において植物ミネラルを栄養剤として、農薬と一緒に散布することで、農薬使用量が, 三分の二から2分の一に減らすことが出来るようになり出費が減り助かる、また、ハウス栽培のブドウでは、ほぼ、無化学農薬栽培を実現した、 と言う報告をいただきました。施したミネラルにより味も鮮度も抜群に良くなり、お米もどうしてこんなにおいしくなったかと喜ばれる等々。 試行錯誤十五年余、やって来てよかったとつくづく思いました。

もうひとつ、土いじりを通して、私は二人の不登校生と出会いました。中学生の生徒はとても落ち着きがなく、 自分をコントロールできず、昼と夜が逆転した生活をしているために、通常の学校生活ができません。 両親も兄も仕事上逆転した生活サイクルを送っているために幼少より体内時計が狂い犠牲に。 また容易に薬に頼ったために人格まで傷つけてしまったようでした。基本になる「規則正しい生活」、 それがなかなかできない現代社会とは何と受難の時代でしょうか。もう一人、小学生のその子は、とてもまじめでしっかりしていました。 なぜ学校へ行けなくなったか、ポツリポツリ話してくれました。「あのね、ころころ時間が変わるんだ。もっと同じ勉強を続けたいと思っても、 取り上げられちゃうんだ。次の時間も、次の時間も・・・。落ち着いて勉強なんかできないんだよ学校は。」これは、とても示唆に富んでいます。 昔の寺子屋は、読み書きそろばん以外はあれもこれも頭に詰め込ませることはしませんでしたし、 頭は二葉しかないため幼い頭に沢山の事を詰め込むことは良くないことだと心得ていたのです。そして、戦後の教育を受けた私たちは、 馬車馬のようになって駆け抜けてきましたが何かを失いかけているような気がします。とても大切なものを。抹殺された修身とは、国学とは?。 西洋式は何か変です。

昨年の山口村越県合併問題から俄然政治に興味を持つようになりました。何度も、山口村に足を運び村人の意見を聞きました。 チラシも作って配りました。反対を叫んでいる人のほうが正論のような気がしました。首長と役場職員がこぞって賛成工作をしていました。 終わって見れば、市会議員に納まった元首長はいま「こんなはずではなかった」とぼやいているそうです。 総ヒノキの学校も天然記念物の植物園も、関わる職員を雇うこともできず荒れるにまかせています。 さまざまな援助がなされると思った合併後はあらゆることが反故にされ、借金は3倍に増えた計算に。話が違うと騒いで見ても、とんだ 『寄らば大蛇の影』だったわけでした。

今、小泉政権の下、さまざまな改革の名のもとに審議され、決定がなされていきますが、「アメリカ(ユダヤ)の言うなり」 には閉口します。

いつからどうして、こんな政治がはびこる様になったかとあらゆる情報・書物を紐解いて見れば、あるわあるわ、 気が付けば九十九パーセント汚染され、後の祭りに近し。けれども、残る一パーセントに望みを託して見たくなりました。なぜか? 前歴が私を支えてくれています=「継続は力なり」。

生きているうちに、こんなことに気づかせてくれた天に感謝。なぜ天か?古い書物には、天の御中の主という神様が、 この地を造られたという。でも一番は、夫か?そう、今まで感謝の足りない不平不満の塊のような私を、 辛抱強く我慢してくれていた夫がいたから、好きな研究・勉強ができたのです。

世の中の主婦の皆さん、どうかご主人を大切に。男は、女がまともになるのを待っているのです。私は、ずっと長らく、 『こんな社会にしたのは、男が悪い!』 と思ってきたのです。敵は男である夫でした。そうではありません。やさしい男は女が作る、思いやりある社会は、 思いやりある女が居て初めて形成されると気づいたのです。世の中は、家庭が核になります。そこからスタートだと今頃やっと気が付きました (横道に逸れました)。

戦後教育は、男女同権、競争、学歴偏重、個人の自由が尊重されました。思いやりが欠ける自由と個人主義が蔓延してしまいました。 ここで、ユダヤ人のお話をしなくてはなりません。彼らは非常に頭のいい民族で、世界に散らばっていますが、他民族とは一線を画し、 強固に独自性を保っています。さて彼らの考え方はどうでしょうか。先ず言えることは、科学を発達させたことでも分かるように、『自然』 を征服・コントロールできると信じてきました。また、さまざまな社会制度を考え出し、議会制民主主義の名の下に、 政党なる物を考え出し対極の者同士を戦わせることを考え出しました。「自由・平等・博愛」この言葉が今では、 欺瞞に満ちた言葉だと知られるようになりました。自由と平等は相反するもの。彼らの博愛とは『与えることで従わせる』ことのようです。 私の手元に「ユダヤ五千年の教えなるものがあります。「お金」を最も大切なものと位置づけられています。そして、圧巻は、『一つの嘘は嘘、 二つの嘘も嘘であり、三つの嘘は政治である』と。経済がゲームになり、政治もゲーム。『戦争や紛争を仕掛けて,それで儲ける』、『勝つため、 征服するためには手段を選ばず』、地球人類がおかしくなるのも当然です。

人間道を生きるのか、欲・得・本能のままに畜生道を生きるのか、試されているような気がします。

捨て去られた古き良き時代の教えを、今一度振り返る時、そこにまったく新しいものを見出すかもしれません。

 

posted by さよちゃん at 12:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。