2006年11月07日

おら、宅地並みにしてくれるって言うから「はんこ」押したんだ

 

―早速やってくれた「陳謝」のウソ―

私はこの耳で聞いたんです。新幹線倉庫誘致での、県・国及びと地域住民との「おかしな取引」の事実を。つまり、赤沼・ 長沼と言う地名の通りいつも沼地のような状態を、乾燥した大地にしてくれると約束されたです。 水の漬いたその場に立ち止まってここに客土するなんていったいどれだけお金を掛けるんだろうかと考えてしまった。 農地として使っていきたい人々にすれば育てた耕土を大事にしたい、となると不向きな土砂をもってくるわけにはいかない。 客土とは普通の埋め立てとはわけが違う、結局そのままがいいことに。

 村井県政は早速、 県職員に「田中知事の『ウソ』発言を撤回します」と地権者に対し、陳謝させたのです。 この報道を誰も重大に考えていないことに疑問を持った私は、某議員に「なぜあの時直ちに抗議しなかったのか」と詰問、「そんな、 田中知事の言った事にいちいち取り組んでいられないほど、他の懸案で対処しなければならないことが山積です』と。 違う! これこそ、問題にすべき村井県政の『詭弁体質』なのです。詭弁とは、辞書には『こじつけ・ごまかしの議論』とあります。 新幹線倉庫誘致に当たり、明らかに住民を騙すテクニックが使われたのです。さらに「上流にダムを造ることで内水氾濫は解決する」と。  誰もが、『浅川ダム』と『内水氾濫』を一括りにしてしまっていたとき、亡くなってしまった小滝さんの「この内水氾濫は、 浅川の水は一滴も関与しないんです。私はこの場所で、喜んで農業を続ける」。あの言葉を公表したことで状況がガラリと変わったのです。 田中知事も『国はその事実を認めている』事を確認しました。それから、地権者は県が提案した遊水地構想に動き始めたのです。これも、 『高く売れればそれに越したことはない』という農民の思惑が私には見て取れたのです。売買契約に私はとても腹立たしく、 『県は一銭も金を出さないで下さい。わがままを言う農民を懲らしめましょう』と思わずファックスを入れてしまいました。 税金を払わなくて良い大地で耕作を続けてきたのに、タダでありがたい天の恵みをいただいてきているはずなのに。県の『借金地獄という実情』 がわかっているはずなのに。騙されたことをなぜ訴えなかった?。それとも『承知で』騙されたの?。

地権者の皆さん、目を覚ましてください。 それにしても、しつこく国はダムを作らなければ『代替案』を出せといい続けました。おかしいですね、ダムそのものが不要なのに。

お願いがあります。あの場所の作物を市民に県民に譲ってください。そして、耕作を手伝わせてください。 浅川はダム問題で有名になりました。お米も野菜もりんごもそれにちなんだ名前をつけて売りましょう。 あの場所をみんなで守っていくようなあったかい場所に育てていきませんか。あなた方の負担にさせ続けるわけには参りません。

前知事は「ウソはウソ」とはっきり言いました。『真っ当な人々が真っ当に生きれる世の中に』がモットーでもあります。 私達の多くがこの言葉に酔いしれました。子供達に親として残せる唯一の財産だと思うのです。いっしょに作っていきませんか。

 

posted by さよちゃん at 14:40| 浅川ダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。