2006年11月28日

田中康夫前知事の理念を受け継ぐ

 

6年余りの長野県政はいままで知り得なかったさまざまな思いを私達にもたらした。

「生活は政治」を実感させてくれ、 必ず変えられることを私達に教えてくれた。今、後戻りの様相を呈していますが、私達一人一人が「前進させねば」 と言う気概をしっかり持ったとき、きっと食い止めることが出来ると信じます。私は、「オール与党化」が進む長野県政に主婦の立場として 『ちょっと待った』を掛けようと思いました。


素人の女なんかに何が出来る、政治の場数も踏んでもいないくせに、組織もないのにいきなりはムリムリ。 地元議員の悪口がすでに耳にはいっています。でも、いかがですか、こんなおばちゃんがひとりくらいいてもおもしろいではありませんか。 歳費が、個人消費に費やされる中にあって、私は子育ても終わりあくせくすることもない。増してや、株だ証券だとギャンブルに興味もなく、 ひたすら情報提供とさまざまな学習の場を提供したい。長野県をどうしたいのか、 日本丸をどの岸につなげるのか共にしっかり考えていきたいのです。古い組織の仲間だけではなく、超党派で「地球益」を考えていきたいのです。 なぜ、地球益か。目先の利益は長くは続かないのです。ユニークなアイデアあります。アイデアだけじゃだめだ、 とすぐどこかから横槍が入りそうですね。でも、「思いつく」とは実現可能だから出てくるものなのですよ。私を使ってください。 行動力はあります。口も達者です。おっちょこちょいは、皆さんでご指導ください。大活躍しますよ!

女衆の会を政治団体に立ち上げました。おばあちゃん、お母さん、奥様、お嬢さん。皆まとめて「おんなしょ」。 政治は今まで特別なものでした。女が口出しすべきものではありませんでした。アイデアはいつだって『葬り去られ』、生意気だと罵られ、 軽蔑の眼で見られてきました。もうたくさん!「おんなしょ」にもしゃべらせて!参加させて!

戦い好きな世界、男が動かしています、女はお飾りで。何々党のおんなしょもお飾り。文句あるなら言って下さい、最終的には 「男の鶴の一声」で決まってしまうのでしょ?

田中康夫という人は「本性」 に語りかけ続けてきたすごい指導者です。今も、そしてこれからも。私達に宿題を与えていてくれました。「こんどは、頼っちゃだめだ」と。


普通の人々が、普通の主婦がその「真心」に触発され、立ち上がりました。

私はそのご恩に報いたいと思います。

『恩を仇で返す県民ではない』事を証明したく思います。

『心ある男衆(ケチをつける小心者ではなく)』と共に歩みたく思います。

真っ当な人々が真っ当に生きれる社会にしていきましょう。

よそ者・ばか者・若者を排除する社会を変えていきましょう。

少数意見に耳を傾けることができる社会にしていきましょう。

さあ、いっしょにスタンバイ!!

 

posted by さよちゃん at 14:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。