2007年03月09日

***応援メッセージをいただきました***

 田幸さよ子さんへの応援メッセージ

 関東平野に桜の開花宣言がささやかれ始めたある朝、「先輩!私、長野を救いたい!」と。

早春でもまだ寒い信州からの突然の電話でした。少々びっくりしましたが 「フフフ・・・彼女らしいわ〜、いよいよ政治の場に突入か!」と思いました。

さて、先輩と呼ばれる私とは、 中学・高校時代のバスケットボール部キャプテンとしての繋がりです。まさに思春期・青年期前半まで、 1つのボールを追いかけてコートに汗を流してきた仲間です。彼女は、バスケをやりに学校に来るというほどのバスケ大好き人間でした。 正しい判断力・決断力、そして行動力、全体を見渡せるチームワークを要するスポーツ。 鋭く相手側に切り込んでシュートを決めていく彼女の姿は鮮明に覚えています。

あの時のカモシカのような彼女が今でも健在で、50余歳のおばさんの中に脈々と生きずいていると確信しました。私達世代は、 新しい考えとやり方を見つけ出す前の「生みの苦しみ」の中で青春時代を過ごした世代です。だからこそ、時代の変化にはとっても敏感とも云え、 行動力もあります。まさに、彼女のこの度の行動はこのような基盤があったからだと思います。 政治も経済も新しいシナリオを求めて歩みを変えつつあります。ここ何年か「変わりたい」・「変わらねば」と思い続けてきた人達にとって、 まさに彼女の行動はチャンス到来です。未来を信じる為にも先ずは信じられる友を見つけましょう。時代の風が彼女を応援しています。 彼女の友であること、そして先輩であることを誇りに思います。

長野の改革の為にがんばってくださいね!      高21 長嶋(小布施)美恵子

 

posted by さよちゃん at 11:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。